当ウェブサイトは、Internet Explorer 9以上の閲覧を推奨いたします。

活動・事例紹介 Activities & Showcase

― ― デジタル教材「第九を歌おう」を使って合唱初心者の練習をサポート ― ―NTT第九合唱団での活用事例

NTT第九合唱団

NTT合唱団様より、2015年夏の演奏会で演奏するベートーヴェン「第九」の合唱練習支援についてご相談いただき、デジタル教材「第九を歌おう」をご利用いただきました。 NTT合唱団は2000年にNTTグループにお勤めの方を中心に設立され、常時30名ほどのメンバーでボランティアコンサートやイベントへの出演など幅広く活動されています。NTTフィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に参加する形で、期間限定の「NTT第九合唱団」をプロジェクトとして立上げ「第九」を歌うことになりましたが、100名を超える合唱団員をNTTグループ各社へ追加募集をしたため合唱未経験者の参加も多く、合唱指導について課題を抱えておりました。そして、いかに初心者の方々のスキルアップを手助けし、モチベーションの維持をするかが今回の演奏会の成功の鍵になると考えていらっしゃいました。 そこで、合唱指導専任の先生のご指導を補完する個人練習ツールとして、デジタル教材「第九を歌おう」をご活用いただくことになりました。


 

1.「第九を歌おう」フレーズの練習をする

 

第九を歌おう

はじめて合唱に参加される方の中には「楽譜が読めない」という方も。どこを歌っているか、楽譜を追うのも大変です。「第九を歌おう」では、画面上に表示されている楽譜がお手本の演奏と同期して動き、どの小節を歌っているのかマークされているので、見失うことなく安心。また、お手本演奏は全パート合わせて聴くだけでなく、ソプラノ・アルト・テナー・バスそれぞれ単独で再生することができ、自分のパートのフレーズをしっかり確認できて便利です。それから、練習機能として人気の高いABリピート。任意に指定した始点と終点の間を繰り返し再生できる機能です。「苦手な部分を繰り返し練習する時に便利」との声をいただきました。
お手本演奏のテンポ変更は自由自在。個人練習ではご自身のペースに合わせて「第九を歌おう」を活用されたようです。


 

2.「第九を歌おう」ドイツ語の発音を練習する

 

第九を歌おう

もう一つの大きな壁が「ドイツ語による歌詞」です。画面上の楽譜には、歌詞のカタカナ表記はあるものの、ドイツ語の発音はカタカナで表現しきれるものではありません。歌詞としてのドイツ語は、日常会話のドイツ語とは発音方法が異なるため、習得が難しいのですが、歌唱で使われるドイツ語の発音を映像を見ながら練習することができます。また歌詞の意味を知ることも、第九を歌う上ではとても重要です。分かりやすい日本語訳も掲載しており、演奏の参考にしていただけたものと思います。


 

3.合唱練習と本番

 

ntt_003

2014年秋から合唱団員追加募集を開始し、最終的にはイベント限定総勢168名の「NTT第九合唱団」が結成されるに至りました。
合唱経験のみならず音楽経験も様々なメンバーが集まり、2015年5月から隔週で実施される「第九」練習に備えて、初心者向けのフォロー練習も2月から開始されました。

それでも7月の本番まで、たった半年。ご自宅での個人練習だけでなく、「第九を歌おう」を使って会社の昼休みに練習された方もいらしたようです。

また、今回の第九プロジェクトでは、「垣根を越えた感動ハーモニー」をスローガンに、社員・OBのみでなく、経営幹部にも広く参加を呼びかけました。
合唱団代表者である日本電信電話株式会社 澤田 純代表取締役副社長も初めて合唱に参加され、基本レッスンとして、いつでもどこでもインターネットで練習できる「第九を歌おう」を積極的に活用されたそうです。

合唱団の全体練習は、合唱指導の先生による熱いご指導あり、時にはユーモアを交えながら和やかな雰囲気で行われました。個人練習をした上での合唱団練習なので、初心者の方々も自身を持って参加されていたようです。

2015年7月、2000席ほどの大きなホールでの壮大なハーモニーは大変すばらしく、歓声と拍手の嵐のなか大成功を収められ、参加者の皆さまから多くの感謝の声をいただきました。


 

 

合唱に参加された皆さまの声

演奏会を終えて、合唱に参加された皆さまからいただいた感想の一部をご紹介いたします。

◎ 今回、ヤマハのサポートがなければ第九を歌いきれなかったと思います。本当に感謝しております。今だからまた再び聞き直してさらに第九の奥の深さを学びたいと思いました。(30代男性)
◎ ヤマハオンラインレッスン、大変使わせていただきました。分かりにくい音のところやドイツ語、雑学など楽しく使わせていただきました。またグレードアップしてサービス再開していただけたらきっと多くの第九参加者が喜ぶと思います。ありがとうございました。(20代女性)
◎ 初心者でしたので、人並みになるために、集合練習(2月からですと約20回でしょうか)のほかに、このオンラインレッスンを繰り返し、計5600分練習しました。それとドイツ語の発音映像もよく活用しました。 演奏終了後は「ホッとした」に尽きます。(60代男性)
◎ 最初は楽譜も読めず、皆様にご迷惑をおかけするのではないかと心配しておりましたが、オンラインレッスンを活用させていただきながら、皆様と楽しい練習の時間を過ごすことができ感謝しております。皆様と一緒にミューザ川崎のステージで「第九」を歌うことができて本当に幸せです。ありがとうございました。(50代男性)
◎ YAMAHAの教材には非常に助けられました。特にパート別の再生、スロー再生が便利でした。 正直これがなければ本番のステージに立つところまで来られなかったとも思っています。 ご提供ありがとうございました。(30代男性)
◎ オンラインレッスンの一番いいところは、A/Bリピート機能でした。難解なフレーズを繰り返しきくことで、頭の中に完全に刷り込まれました。ただその通りアウトプットがなかなか出来なくて・・・。(50代男性)